床のキズは補修を考えるより、防止することを考えよう

床のキズは補修を考えるより、防止することを考えよう

「子供がおもちゃを落として床が凹んでしまった」「室内ペットを飼っていて、油断していたら床一面が傷だらけになっていた」など、ちょっとした不注意が原因で床にキズつけてしまうことはよくあることです。

とりわけ新築で傷一つないフローリングに初めてつけてしまった大きな傷は、ショックで立ち直れない人もいるかもしれません。
フローリングのキズは、市販のリペアパーツを使いDIYで補修することも可能ですが、色を合わせることが難しく、逆に傷を目立たせてしまうこともあるので注意が必要です。

専門の補修業者に依頼すれば完璧な仕上がりになりますが、補修個所が多い場合は費用が高くなることが難点です。

元来、フローリングは傷がつきやすいものです。

キズの補修について詳しく書かれています。

傷をつけないように注意したり、傷がついてしまったらどうするかを考えるよりも、傷をつけないための防止策を考えたほうが良いかもしれません。


新築やリフォームの時に、フロアコーティングを検討するのも一つの方法です。

iemoの情報といえばココです。

フロアコーティングは床に強固な膜を生成し、キズや汚れがつくのを防止します。

ワックスと比べると、効果が長期間持続し、薬品や水に強く剥離しにくいのが特徴です。



ワックスを塗り直す手間も省け、日常のお手入れが水拭きだけで済むのもフロアコーティングのメリットといえます。
室内ペットを飼っていたり、小さなお子さんがいる家庭は、フロアコーティングを施工しておくと、床の傷に気を揉むことが少なくなるかもしれません。


Copyright (C) 2015 床のキズは補修を考えるより、防止することを考えよう All Rights Reserved.